• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式


必須アミノ酸と非必須アミノ酸

 
東京大学アミノ酸サプリメント

オープンラボをご覧いただきありがとうございます。

ここでは、人間のカラダにとって大切な20種類のアミノ酸について説明をしたいと思います。

そしてこの20種類のアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けることができます。

それでは詳しく説明していきます。

 

東京大学の研究からみたアミノ酸


自然界にはおよそ500種類ものアミノ酸が存在しています。

その中で人間のカラダをつくっているのが20種類のアミノ酸です。

しかし、それらは同じアミノ酸なのに、どこが違うのでしょうか。

実は、その20種類のアミノ酸は、カラダの中で合成することができるアミノ酸と合成することができないアミノ酸と、大きく2つに分けられることができます。

体内で合成できるアミノ酸は、非必須アミノ酸といい、11種類あります。

非必須アミノ酸といい、食品から摂取するタンパク質や糖質、脂質などの栄養素でつくることができます。

一方で、体内で合成できないアミノ酸は、食品を通してとらざるを得ないため、必須アミノ酸といい、9種類あります。

これらを食品で摂る場合、アミノ酸スコアの原理によって、摂取したもののうち、必ずしも全てがタンパク質合成に活用されるわけではありません。

なので、食品に頼らず、サプリメントを利用してより多くの種類、より多くの量を摂取することで、タンパク質の合成能力を高め、それぞれのアミノ酸のパワーをより発揮できるようにすることが望ましいといえます。

非必須アミノ酸(体内で合成可能)

グリシン 、アラニン 、セリン 、アスパラギン、グルタミン、システイン、プロリン 、チロシン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アルギニン

必須アミノ酸(体内で合成不可)

バリン 、ロイシン 、イソロイシン 、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン 、トリプトファン、リジン、ヒスチジン


これらのアミノ酸は、摂取しすぎて副作用を起こすこともありませんし、体内で利用されない分は、ビタミンCなどと同じように、尿と一緒に排出されるので、安心してたっぷりのアミノ酸を摂取することができます。

ただし、腎臓機能が低下している人は要注意です。医師の指導下において試してみてください。
 

20種類のアミノ酸の働き

 
大きく2つに分けたアミノ酸をさらに細かく、ひとつひとつ見てみると、それぞれに違った機能があります。

この機能は、タンパク質の合成に加え、単体でもカラダに良い作用をもたらすものもありますし、複合的にカラダに作用されるものもあります。

また、複数のアミノ酸がバランス良く体内にあれば、相乗効果によってそれぞれのアミノ酸がもつ機能以上の効果が期待できることもあります。

 

必須アミノ酸の働き


バリン:タンパク質を作る能力を高める、肝機能強化作用など

ロイシン:タンパク質を作る能力を高める、肝機能強化作用など

イソロイシン:タンパク質を作る能力を高める、肝機能強化作用など

メチオニン:抗脂肪肝作用、肝機能をサポート

フェルニアラニン:気持ちを落ち着かせる

トリプトファン:セロトニン生産をサポート

ヒスチジン:副交感神経鎮静、貧血改善作用

リジン:カルシウム吸収促進

 
東京大学の必須アミノ酸の働き
 

非必須アミノ酸の働き


アラニン:肝臓のエネルギー源となり、アルコール代謝の改善をサポート

グルタミン:胃粘膜生成促進作用、免疫能改善など

グルタミン酸:アンモニア低下作用

アルギニン:免疫能改善、動脈硬化改善、アンモニア低下作用、血液循環改善、血管拡張作用、肝機能強化作用

アスパラギン酸:アンモニア低下作用、肝機能強化機能

アスパラギン:エネルギーの生産をサポート

システイン:皮膚のメラニン色素の生産を抑える(美白作用)

プロリン:皮膚を構成するコラーゲンの主原料、天然保湿因子に必要なアミノ酸

セリン:リン脂質やグリセリン酸生産の源

チロリン:抗ストレス作用

 
東大サプリの非必須アミノ酸
 

このほかにも、血液をサラサラにする、アンモニアを低下させて疲労を軽減する、美白作用、アルコール分解を促進する、カルシウムの吸収を助ける、脂肪肝を抑制する、抗ストレスなど、それぞれのアミノ酸がさまざまな機能を持っています。
 

アルギニンもグルタミンも医療の現場でも利用されています。
 

また、潰瘍などがある場合には、修復を助ける働きをします。
 

グルタミンもアルギニンと同様に重要な機能を持っており、胃腸の粘膜を守りますし、消化管のエネルギー源にもなります。
 

肝機能の強化や血液循環改善作用、免疫力を高める機能もあります。

アルギニンは、非必須アミノ酸のなかで最も重要な機能を持つアミノ酸です。

スポーツ後の金肉損傷の修復、筋肉疲労や筋肉痛の軽減、免疫力の低下を抑えるには、このBCAAに加えて、アルギニンやグルタミンを摂ると効果的です。

 
基本的な代謝運動として、長時間運動を続けると血中のBCAAが代謝されていきますが、運動前や運動中にBCAAを補給することによって、運動持続時間を延長できるという報告もあります。

一方で、血中に遊離して存在するBCAAもあり、これらは運動時、必要に応じてエネルギーとして使用されるものです。

スポーツ選手などはBCAAをサプリメントで摂取すると、筋力アップや運動能力の持続につながります。

また、この3種類は一緒に働くことが多いので、それぞれを別に摂るよりも、3種類をまとめて摂ると効果的です。

として分類されます。この3種類は分岐鎖アミノ酸(BCAA)これらはその化学機能がほかのアミノ酸とは違う、同じ特徴を持っているので、

骨格筋(筋肉)のタンパク質合成を促すバリン 、ロイシン 、イソロイシン は、それぞれが同じような機能を持っています。

それぞれのアミノ酸にはそれぞれの機能があります。


アミノ酸はサプリメントから

 
東京大学アミノ酸サプリメント体力式
 

アミノ酸サプリメントは、筋力やスポーツ時の持久力アップ、健康維持や疲労回復、美容効果など、差別化した数種類の商品として販売されており、それぞれの目的にあったアミノ酸が目的にあった量だけ配合されています。

その配合成分は、サプリメントの原材料名に表示されていますので、アミノ酸それぞれの機能を理解していると、自分の目的にあったアミノ酸サプリメントを購入できるでしょう。

もちろん、自分自身の目的には必要ないと思われるものも入っているかもしれませんが、それを飲んだからといって、副作用があるわけではありません。

それよりも「目的以外の成分も含まれていてラッキー」「もっとバランス良くアミノ酸が摂れる」と喜ぶべきです。

しかし、タンパク質(大豆タンパク、乳タンパク)をアミノ酸として表記している商品も多いので注意が必要です。

必ず、原材料名の初めの方にアミノ酸が表示されているものを選んでください。


※本文は、東京大学大学院前教授の"ドクターアミノ"こと、大谷勝先生の著書をもとに作成しています。


東大アミノ酸の関連商品

 
トップページに戻る