• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式


三大栄養素の脂質とは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回はカラダのエネルギー源である脂質について説明していこうと思います。

脂質を聞くと、なんとなくカラダにとって悪いもの?、または、ダイエットの天敵と思うかもしれません。

もちろん摂りすぎは良くないですが、とても重要な栄養素になります。

そして、脂質は三大栄養素のひとつでもあります。

三大栄養素についてはこちらで詳しく説明していますので是非ご覧ください。


【知ってトクする】カラダに大切な三大栄養素とは

では、脂質はどんな働きがあるのでしょうか。

 

脂質の働き


脂質は、「脂質」「タンパク質」「糖質」といった三大栄養素のうち、脂質が最も大きなエネルギー源といわれています。

糖質のエネルギーは、1gあたり4キロカロリーですが、脂質は糖質の倍以上の9キロカロリーもあります。

つまり、摂取する食べ物の量が少なくて済むので、効率の良いエネルギー源になります。

しかし、消費されなかった分は脂肪として体内に蓄えられてしまうため、摂りすぎには注意が必要です。

ただ、脂肪には骨や筋肉、内臓を守る働きもあるので一概にダメとは言い切れません。

他にも脂質は、カラダの機能を整えるホルモンの材料になったり、油で溶けるビタミンの吸収サポート、細胞を包む膜をつくる働きもあります。

なので、脂質は摂りすぎは良くないですが、人間にとって大切な栄養素であり、適度な量と摂るのが大切なのです。

 

脂質は美容にも大切


食用の脂質(油脂)にはゴマ油、大豆油、オリーブ油のように常温のものと、ラードやバターのように固形物のものがあります。

また、魚や肉などの動物性食品や穀類、豆類、乳製品にも脂質は含まれています。

つまり、あまり意識しなくても、毎日の食事でたくさんの脂質を摂っていることになります。

しかし、脂肪の摂りすぎは肥満を引き起こし、脂質異常性、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病になりやすく、乳ガンや大腸ガンにもつながってしまうため注意が必要です。

一方で、脂質はタンパク質と一緒になって人間の細胞膜をつくることに大きな関わりがあります。

なので、脂質が不足してしまうと、お肌のハリがなくなり、ガサガサになり、髪の毛のツヤも失ってしまいます。

さらに、ホルモンバランスが崩れて女性は生理不順を招くことにもなるのです。

脂質は消化に時間がかかるので食後もしばらくは満腹感を得ることができます。

それによって、ダイエットのために脂質を極端に控えてしまうと、満腹感がえられず、お腹がすいた状態が続いて帰って過食になってしまうこともあるので注意が必要です。


コレステロールはカラダに悪い?


脂質の一種であるコレステロール。

コレステロールはカラダに悪いと思われるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

なぜならば、コレステロールは全身にある細胞を覆う膜や、脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料になります。

血管も細胞でできているので、コレステロールは生きていくうえでは欠かすことのできない栄養素なのです。

コレステロールには、悪玉と善玉がありますが、悪玉は、肝臓から血液に乗って全身にコレステロールを運ぶ働きがあります。

ただ、コレステロールを運びすぎると、血管内室にくっついてしまい、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めてしまう危険性があります。

一方で、善玉はカラダにあ句影響を及ぼす余ったコレステロールを血液に乗って回収する働きがあります。

コレステロールは、低くても高くても問題のため、定期的に検査する必要があります。

 

エネルギー源である脂質のまとめ
 

このように脂質は、カラダのエネルギー源になる大切な栄養素になります。

一方で、摂りすぎてしまうと脂肪になってしまい、生活習慣病を引き起こす危険性もあります。

脂質は適度に摂ることが大切です。



トップに戻る