• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

ビタミンB6を含む食べ物とは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、ビタミン群の中でもビタミンB6について説明していこうと思います。

ビタミンB6は、タンパク質をエネルギーに変えたり、筋肉や血液などをつくる時のサポートをしてくれる働きがあります。

カラダの中でタンパク質が無駄なく使われるようにアミノ酸を分解し、そこから他のアミノ酸を合成したり、神経伝達物質などを合成する反応に関わっています。

一方で、ビタミンB2と一緒に摂らなければ効率よく働くことができないため、ビタミンB6を摂るときはビタミンB2も意識的に摂る必要があります。

 

ビタミンB6が不足すると


ビタミンB6は皮膚炎を予防することから発見されたビタミンといわれています。

腸内細菌によって、一部体内で合成をすることもできるので欠乏症はあまり起こりません。

しかし、ビタミンB6が不足してしまうと肌荒れや口内炎などのお肌のトラブルを多く引き起こすこともあります。

また、アミノ酸から脳内ホルモンが合成される際にもビタミンB6が必要なので、不足してしまうと集中力の低下やイライラしたり、不眠症の原因を起こしてしまうこともあります。

 

ビタミンB6が含まれている食べ物


ビタミンB6は、水溶性ビタミンなので酸に強く、紫外線に弱い性質を持っています。

ビタミンB6を含む食べ物には、肉類やレバー、マグロやカツオなどの魚類、穀類などに多く含まれています。

主食のお米にもビタミンB6が豊富に含まれているので、意識しなくても自然に摂れるのがビタミンB6になります。

 

ビタミンB6のまとめ


ビタミンB6には、タンパク質をエネルギーに変えたり、筋肉や血液などをつくる時のサポートをしてくれる働きがあります。

一方で、ビタミンB2と一緒に摂らなければ、効果的に働くことが難しいため、ぜひビタミンB2とビタミンB6を一緒に摂るように心がけてみてください。

その他のビタミンについてはこちらで詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

【知ってトクする】美容に良いビタミンとは

【知ってトクする】ビタミンAの効果

【知ってトクする】免疫を高めるビタミンDとは

【知ってトクする】健康と美容の効果・効能があるビタミンEとは

【知ってトクする】丈夫な骨と血液の凝固の働きがあるビタミンKとは

【知ってトクする】ビタミンB1を含む食品とは

【知ってトクする】ビタミンB2を含む食べ物と効果・効能とは

【知ってトクする】お酒好きの方必見!ビタミンの一種であるナイアシンとは

 

トップに戻る