微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、 植物と動物の両方の特徴を持ち、ビタミン類やミネラルなど 豊富な種類の栄養素をバランス良く含む藻の一種です。  2005年に株式会社ユーグレナが東京大学を中心とした 長年にわたる研究開発の実績を活かし 世界で初めて屋外大量培養に成功しました。(株)ユーグレナは、東京大学を始めとした 国内の大学・大学院での基礎、研究に基づき、 ユーグレナ(ミドリムシ)の生産運営管理を行なっています。
ユーグレナ(ミドリムシ)は、東京大学の研究によって豊富な栄養素があると判明しました。一例を上げると亜鉛・鉄・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・葉酸・ビタミンB12などが挙げられます。ユーグレナ(ミドリムシ)は東大の研究から生まれたスーパースードなのです。
さらに、ユーグレナ(ミドリムシ)は59種類の栄養素が入っている事が東京大学の研究によって明らかになりました。ビタミン類 14種(α-カロテン・β-カロテン・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK1・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸)、ミネラル9種(マンガン・銅・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・ナトリウム)、アミノ酸18種(バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・アルギニン・リジン・アスパラギン酸・グルタミン・プロリン・スレオニン・メチオニン・フェルにアラニン・ヒスチジン・チロシン・トリプトファン・グリシン・セリン・シスチン)、不飽和脂肪酸(DHA・EPA・パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・エイコサジエン酸・アラキドン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタエン酸・ジホモy-リノレン酸)、その他(パラミロン・β-グルカン・クロロフィル・ルテイン・ゼアキサンチン・GABA・スペルミジン・プトレッシン)が入っています。


東京大学の研究から生まれたユーグレナ商品へ