東京大学発のユーグレナ(ミドリムシ)

編集:OPEN LAB.スタッフ | 
東京大学発のユーグレナ(ミドリムシ)

オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

ここでは、スキンケアやヘルスケアで話題のユーグレナ(ミドリムシ)について説明していきます。

ユーグレナ(ミドリムシ)は、藻の一種で栄養価の高い生物と言われています。

東京大学の研究からユーグレナがもつ栄養素や生態が明らかとなり、東京大学発ベンチャー企業の株式会社ユーグレナ様がユーグレナを使用したスキンケアやヘルスケアなどを商品化し、今日に至ります。

目次

東京大学の研究から生まれたユーグレナ関連商品

微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、植物と動物の両方の特徴を持ち、ビタミン類やミネラルなど豊富な種類の栄養素をバランス良く含む藻の一種です。

2005年に株式会社ユーグレナが東京大学を中心とした、長年にわたるユーグレナの研究開発の実績を活かし、世界で初めて野外大量培養に成功しました。

株式会社ユーグレナは、東京大学をはじめ、大阪府立大学・近畿大学・兵庫県立大学などの大学や大学院での基礎研究に基づき、ユーグレナの生産運営管理を行っています。

ユーグレナの豊富な栄養素

からだの偏りを整える、豊富な栄養素

植物のように光合成を行い、動物のように細胞を変形させて動く藻の一種であるユーグレナには、ヒトに必要な59種類もの栄養素が含まれていることがわかりました。

ユーグレナの59種類の栄養素

ユーグレナに含まれる59種類もの栄養素は、私たち人間にとっても、とても大切な栄養素になります。

ビタミン14種類
α-カロテン・β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK1・ナイアシン・パントテン酸・ピオチン・葉酸

ミネラル9種類
マンガン・銅・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・ナトリウム

アミノ酸18種類
BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)・アラニン・アルギニン・リジン・アスパラギン酸・グルタミン・プロリン・スレオニン・メチオニン・フェルニアラニン・ヒスチジン・チロリン・トリプトファン・グリシン・セリン・シスチン

不飽和脂肪酸
DHA・EPA・パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・エイコサジエン酸・アラキドン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタエン酸・ジホモγ-リノレン酸

その他
パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

59種類の栄養素

ユーグレナでより健康な生活へ

ユーグレナには、ヒトにとって大切な59種類もの栄養素があり、より健康な生活を送るためのサポートをしてくれます。

ユーグレナの商品はさまざまな種類があり、ユーグレナが含まれた健康飲料の他に美容液やオールインワンのスキンケアも大変人気商品になります。

オープンラボでは、健康飲料を販売していますが、路面店(オープンラボ白金店)にはスキンケアも販売しております。

東京都港区白金5-10-10 1F

営業時間:10時〜18時 土日祝日除く

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

この記事を書いた人

オープンラボ運営兼バイヤー

オープンラボ運営兼バイヤー 鈴木康太

全国の大学の研究で生み出された美容や健康に役立つアイテムなどを集めたアンテナショップ「オープンラボ」の運営兼バイヤー。実店舗は東京都港区白金と本郷にある大学のキャンパス内にあり、店頭に立ってアミノ酸ダイエットの質問対応をすることもある。