• 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

アミノ酸サプリメントの選び方

 
東大アミノ酸サプリメント体力式

現在、ドラッグストアやコンビニエンスストアで、また、当店(オープンラボ)でも、アミノ酸配合と歌われているさまざまなサプリメントやドリンクが販売されています。

その中で、アミノ酸サプリメントを選ぶ際に気をつけていかなければいけないことを紹介していきます。

 
アミノ酸サプリメントを選ぶ基準

・自分の目的にあったアミノ酸が配合されている

・配合されているアミノ酸の量が十分である

・配合成分がタンパク質やプロテイン ではなく「アミノ酸」である


「自分の目的にあったアミノ酸が配合されている」は、これまで紹介してきたアミノ酸の働きを参考に選んでみてはいかがでしょうか。

「配合されているアミノ酸の量が十分である」と「配合成分がタンパク質やプロテインではなくアミノ酸である」はしっかりと調べておく重要なことです。

せっかくアミノ酸サプリメントを購入するので、効果が期待できるアミノ酸が十分に配合されていなければ意味がありません。

1回に摂取するアミノ酸サプリメントに最低でも1500ミリグラム以上のアミノ酸が配合されているのが理想的です。

現在、販売されているアミノ酸商品の中には、数百ミリグラム程度しか配合されていない商品も多いので注意して選ぶ必要があります。

アミノ酸の量のチェックは、商品パッケージに記載されている栄養成分の表示を見ればわかります。

その中にタンパク質が1500ミリグラム、または2.0グラム以上と記載されているかどうかを確認します。

アミノ酸はタンパク質を合成するものなので、種類にかかわらず、栄養成分の表示においては、タンパク質と記載されています。

もし、そのように記載されていても、実はアミノ酸ではなく、プロテイン やそのほかのタンパク質が配合されている場合もあります。

それをチェックするには、同様にパッケージに記載されている原材料名をみてみてください。

そこにアミノ酸の種類が記載されているかを確認し、記載があれば、基本的には大丈夫だと思います。

さらに、アミノ酸の名前が原材料名の最初の方に記載されていれば、ますます安心して購入することができます。

 

基本は顆粒やタブレット、ゼリーやドリンクは補助的に


アミノ酸サプリメントには、顆粒・タブレット・ゼリー・ドリンクなどの種類があります。

顆粒もタブレットも、同じ商品で形が違うだけなら、同じようにアミノ酸が配合されていると思われがちですが、顆粒はカラダの中に入ってから溶けるまでの時間が短いので、どちらかといえば顆粒で摂取するのがおすすめです。

毎日アミノ酸を摂取することを前提にしたら、粉末かタブレットを基本にし、その上で、ゼリーやドリンクを補助的に摂取するという方法が良いと思います。

ゼリーは含まれるアミノ酸の量が少ない場合が多く、そのほかの栄養成分も多く含まれているため、摂取カロリーが大きいことがあるので、少し空腹を感じた時に摂取すると良いと思います。

最近では、多くのアミノ酸飲料が発売され人気がありますが、こちらもゼリーと同様にアミノ酸の量が少ないものが多く、これを何度かに分けて飲む場合には、1回に摂取できるアミノ酸がかなり限られた量になってしまいます。

また、カロリーが高いものが多く、積極的にアミノ酸飲料を飲んでいては、カロリーオーバーになる可能性があるので注意が必要です。

せっかく取り組もうとしている目的に対して、たくさんあるアミノ酸商品の中から、より効果が得られるようなものを選ぶことが大切です。



東大アミノ酸サプリメントアミノ酸美容式・アミノ酸抹茶式・アミノ酸配合ゼリー