• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

免疫力を高める方法


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、免疫力を高める方法について紹介していきたいと思います。

現在(2020年9月)、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。

 

日本においても自粛は解除されましたが、都内では連日感染者が発表されています。
 

3密を回避することや外出時のマスクの着用は必須となっていますが、それよりも私たち自身で免疫力を高めることが大切だと思います。
 

高齢者の方が重症になりやすいなど様々な情報が錯綜していますが、若い方々にも免疫力を高めることは非常に大切なのです。
 

今回は免疫力を高める方法についてご紹介していこうと思います。
 

免疫力は腸にある

 

免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなったりするだけでなく、病気を発症するリスクも増えてしまいます。


免疫力の低下によって血行が悪くなると、新陳代謝も低下して美容にも良いことはありません。


免疫力は加齢やストレス、生活習慣によって低下すると言われています。


では、免疫力を高めることはできるのでしょうか。
 

ポイントは「腸」

 

私たちは生活していくためには食事をとります。口から食べ物を取り入れて、消化・吸収し、排泄するのが腸です。


しかし、口から入るのものは食べ物にウイルスが付着している可能性があります。


さらには、食べ物以外にも空気中から口に入るウイルスなどもあります。


そのウイルスによる病気を防いでくれる役割があるのが腸なのです。


腸には、免疫に関わる細胞が6割以上存在しており、腸は、免疫器官とも言われています。


つまり、腸内環境を良好に保つことは免疫力を高めることに繋がるのです。
 

免疫力を高める方法


では、実際に免疫力を高める方法を紹介していきます。
 

栄養バランスの良い食事

 

やはり、バランスの良い食事を摂ることは免疫力を高めるうえで非常に大切です。
 

先ほど紹介しましたが、腸には免疫に関わる細胞が6割以上あるため、


腸内環境を整えるためにも偏食などはせずに、しっかりとした栄養バランスの良い食事を心がけることが重要です。


腸内に良いとされているヨーグルト、発酵食品や、食物繊維は、免疫力を維持するために良いと言われています。


さらに、お茶などに含まれるポリフェノール・青背魚に多く含まれるEPAなどのも免疫力を維持するために良いと言われています。


また、アミノ酸も摂ることをおすすめします。


アミノ酸には、「グルタミン」「アルギニン」「ヒスチジン」など免疫力を高める成分があります。


他にも美容や活力サポートなど様々な効果があると言われています。


おすすめのアミノ酸のサプリとしては、「アミノ酸配合ゼリー」があります。


これは、介護や医療の現場から生まれた活力サポートドリンクでBCAAやグルタミン酸などの活力に必要なアミノ酸やビタミンを手軽に摂取できます。


味もりんご味なのでとても飲みやすく、オープンラボ(ミドラボの運営元)でも一番人気の商品になります。
 

しっかりとした睡眠


適度な睡眠も免疫力を高めるうえでは、欠かせません。


仕事などで遅くなり、寝不足が続いてしまうとカラダ自体が弱くなり、病気にかかりやすくなってしまいます。


しっかりとした睡眠を取ることが大切です。


平日は、バタバタしてなかなか寝れなく、休日に寝溜めするのは持ってのほかです。


しっかりと毎日睡眠時間を確保するようにしてください。
 

適度な運動

 

適度な運動をすることで免疫力を高められます。


運動不足の場合、睡眠不足と同様に病気にかかりやすくなってしまいます。


過度な運動ができない方に取っておきな方法があります。


それは「東大式ウォーキング」です。


ダイエット効果が期待できるウォーキングですが、しっかりとした姿勢を保ってあることにより、


新陳代謝が活発になり、免疫力も高めてくれます。
 

アミノ酸の東大式ウォーキング

 

生活習慣の見直しから初めてみましょう

 

これまでに紹介した、食事・睡眠・運動といった生活習慣を今一度見直してみましょう。


免疫力は腸にありますが、生活習慣を見直すことで、より一層免疫力を高めることができます。


コロナウイルス により生活が一変している中で自らも一変して、病気に負けないカラダを手に入れましょ
う。



トップに戻る