• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

ビタミンB2を含む食べ物と効果・効能とは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、脂質などの代謝を促すダイエットの強い味方であるビタミンB2について説明していきたいと思います。

 

ビタミンB2とダイエット


ビタミンB2は他のビタミンB群と同様に人間のカラダにとって大切な成分になります。

ビタミンB2は全身の細胞の再生と成長を促進する働きがあります。

爪や髪の毛が伸びることや、子供が成長していくためにもビタミンB2はなくてはならないものなのです。

また、ビタミンB2は糖質、タンパク質、脂質の三大栄養素の代謝を促進させ、エネルギーに変える働きもあります。

その中でも1番の働きをするのが、脂質の代謝です。

人間が太ることを防ぐためには、脂肪をカラダにため込まないことですが、ビタミンB2はその脂肪を燃焼させてくれる働きがあるのです。

さらに、ビタミンB2はホルモンを生成する甲状腺の活性させる働きもあり、ビタミンB2が不足してしまうとホルモンバランスが乱れてしまい、新陳代謝がうまくできなくなってしまうこともあります。

なのでビタミンB2はダイエットにも成長にも密接に関わっているのです。

 

ビタミンB2と病気の予防

 

ビタミンB2はダイエットや人間の成長の働きだけではなく、酵素と一緒に働くことで動脈硬化などの病気などを引き起こす血液のドロドロをサラサラに変えてくれる働きもあるのです。

また、脂質の代謝だけではなく、糖質の代謝を促進する働きもあるので、糖尿病の予防や改善にも繋がるといわれています。

 

ビタミンB2と美肌


ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持にも働きがあるといわれています。

お肌のターンオーバーを正常に保つことが美肌にする秘訣ですが、ビタミンB2が不足してしまうとターンオーバーが正常に保つことができず、お肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

例えば、お肌が脂っぽくなり、ニキビや吹き出物ができやすくなったり、皮膚炎や口内炎、お肌の痒みが生じてしまうこともあるのです。

口内炎以外にも口角炎などの原因にもなってしまいます。

口の周りは、皮膚や粘膜の新陳代謝が早いので影響が出やすいからなのです。

ビタミンB2は体内に貯蔵できないので、毎日意識的に取らなければなりません。

余分なビタミンB2は尿で排出されるので摂りすぎて困ることはほとんどありません。

 

ビタミンB2を含む食べ物


ビタミンB2が多く含まれている食品はレバー、うなぎ、サバなどの動物性食品や卵、キノコなどが当てはまります。

ビタミンB2は水溶性ビタミンで水に溶けやすいので、洗わずにそのまま食べれる、牛乳、チーズやアーモンドなどのナッツ類にも多くのビタミンB2が含まれています。

比較的にビタミンB2は熱に強いので、通常の料理方法であれば失われることが少ないといわれています。

しかし、光に弱く、光に当たってしまうと酸化してしまうので、食材の保管は直射日光を避けて保存するのが良いとされています。

 

ビタミンB2のまとめ


ビタミンB2には、脂質の代謝を促したり、美肌への働き、生活習慣病などの病気への予防などさまざまな働きがあります。

食品にも含まれていますが、不足しがちでお肌のトラブルが起こっている場合は、サプリメントで補給することが大切です。

これまでの悩みを抱えている方はぜひビタミンB2を摂ってみてはいかがでしょうか。

この他のビタミンに関してはこちらに詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

【知ってトクする】美容に良いビタミンとは

【知ってトクする】ビタミンAの効果

【知ってトクする】免疫を高めるビタミンDとは

【知ってトクする】健康と美容の効果・効能があるビタミンEとは

【知ってトクする】丈夫な骨と血液の凝固の働きがあるビタミンKとは

【知ってトクする】ビタミンB1を含む食品とは



トップに戻る