• 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式


アミノ酸で肝機能を高めてアルコール分解を助ける

 
東京大学アミノ酸体力式サプリメント

肝臓の役割とは


肝臓は、小腸で吸収されて運ばれてきたアミノ酸からタンパク質を合成し、また、アミノ酸をつくってカラダのあちこちに供給したり、カラダが疲れた時に発生するアンモニアを分解して尿として排出するための尿素の生成、アルコールを分解する働きがあるなど、とても大切な役割を持っています。

一方で肝臓は、機能が低下して肝機能障害や肝炎、また肝硬変や肝臓癌になってもなかなか自覚症状が現れない特徴があります。

そのため、自覚症状があってからでは遅いということもあり、確実に予防し、肝臓の機能を正常に保つことが大切です。

また、肝機能の低下から肝機能障害へ、そして肝炎・肝硬変・肝臓癌へと連鎖的に病状が進むという特徴があるので、肝機能を低下させないことがなによりも重要なのです。

 

アミノ酸と肝機能


そのために必要なのが、アミノ酸のBCAA(バリン・ロイシン ・イソロイシン )です。

これらのアミノ酸は、肝硬変治療のための医薬品にも利用されているほど、肝臓と関わりの深いアミノ酸で、肝機能アップのために働きます。

しかし、健康で肝機能が正常な人がBCAAのアミノ酸を摂取すれば、さらに肝機能がアップするというものでもありません。

それは、肝機能が低下している場合には、優先的にBCAAが肝臓に働きかけますが、肝機能が正常であると、肝臓ではなく、筋肉に優先的に働きかけるしくみがあるからです。

とはいっても、自覚症状のないまま肝機能が低下していれば、BCAAはそちらに優先的に働きかけてくれるので、継続してBCAAが含まれるアミノ酸サプリメントを摂取することによって、自ずと肝機能の低下や肝機能障害を予防できることになるわけです。

また、先ほど説明したように疾病には、過剰なアルコール摂取も原因となります。

アルコール摂取による肝臓が受けるダメージは、健康診断などの血液検査でチェックできるγ-GTPがその目安になり、アルコール摂取でアルコール性肝炎などを引き起こした場合は、BCAAよりもアラニン とグルタミンの方が効果的です。

これらもアルコール性肝炎の治療のための医薬品に含まれており、アルコール分解を助け、γ-GTP値を下げる働きがあります。

同じアミノ酸でも、肝機能全般が低下している場合にはBCAAに、またお酒をよく飲む人、γ-GTPが高い人は、アラニン とグルタミンに注目してアミノ酸サプリメントを選ぶと良いと思います。

 

アミノ酸でシャキッと帰宅


それでは、BCAAやアラニン・グルタミンを摂取していれば、二日酔いがなく、肝臓の機能を維持したまま、たくさんのお酒が飲めるのでしょうか。

結論としては、決してそういうわけではありません。

お酒を一滴も飲めない人は、いくらこれらが含まれているアミノ酸サプリメントを摂取したからといって、たくさんのお酒が飲めるようになるわけではなく、許容量以上のお酒を飲めば二日酔いにもなります。

また、日本酒を一升飲める人が、1.5升も飲めるようになったからといって、それが良いこととも思えません。

アミノ酸は、あくまでも肝機能の向上やアルコール分解を助けるものなので、たくさん飲めるようになる薬・二日酔い防止の薬・いくらお酒を飲んでも肝臓を悪くしない薬ではないのです。

もし、過度なお酒を楽しんだ後、家に帰る頃にはシャキっとしていたいと思う方がいるのであれば、アミノ酸の摂取は期待があります。

肝臓に働きかけるアミノ酸は、摂取したアルコール分解を促進しながら肝臓を守ってくれるのです。



東大アミノ酸サプリメント「アミノ酸美容式」「アミノ酸抹茶式」「アミノ酸配合ゼリー」