東京大学で研究されたアミノ酸

編集:OPEN LAB.スタッフ | 
東京大学で研究されたアミノ酸
オープンラボをご覧いただきありがとうございます。
ここでは東京大学で研究されたアミノ酸について説明していきます。

目次

東京大学で研究されたアミノ酸ってなに?

東京大学のアミノ酸美容式

「美容や筋トレには、アミノ酸が良いと聞くけどそもそもアミノ酸ってなに?」
そんな疑問にお答えさせて頂きます。
アミノ酸は、アスリートや運動をされている方であれば「とても大切な成分」とご存知だと思いますが、実は私たちにとってもアミノ酸は非常に重要な成分になります。

タンパク質はキレイなお肌や髪の毛・爪・筋肉・内臓を作り出すうえで大切な成分ですが、それを構成するのがアミノ酸なのです。

アミノ酸を摂ることによってタンパク質が作られ、お肌や髪の毛を生み出しているのです。

つまり、「美肌になりたい!」「運動能力を維持・向上したい!」「栄養不足を補いたい!」などのお悩みにはアミノ酸を摂ることが良いのです。

人間にとって大切なアミノ酸は20種類!?

自然界には約500種類のアミノ酸が存在しています。
その中で、人間にとって必要なアミノ酸は20種類といわれています。
その20種類は体内で合成できるアミノ酸(非必須アミノ酸)と合成できないアミノ酸(必須アミノ酸)に分かれています。

非必須アミノ酸11種類

メラニン・グルタミン・グルタミン酸・アルギニン・アスパラギン酸・アスパラギン・システイン・プロリン・グリシン・セリン・チロリン

非必須アミノ酸
アラニン 肝臓のエネルギー源となり、アルコール代謝の改善をサポート
グルタミン 胃粘膜生成促進作用、免疫能改善など。筋肉や胃腸の正常な働きや免疫力アップ、また肝機能をサポート
グルタミン酸 アンモニア低下作用。即効性のあるエネルギー源
アルギニン 免疫能改善、動脈硬化改善、アンモニア低下作用、血液循環改善、血管拡張作用、肝機能強化作用
アスパラギン酸 アンモニア低下作用、肝機能強化機能
アスパラギン エネルギーの生産をサポート
システイン 皮膚のメラニン色素の生産を抑える(美白作用)
プロリン 皮膚を構成するコラーゲンの主原料、天然保湿因子に必要なアミノ酸
セリン リン脂質やグリセリン酸生産の源
チロリン 抗ストレス作用

必須アミノ酸9種類

バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・フェルニルアラニン・トリプトファン・ヒスチジン・スレオニン・リジン

必須アミノ酸
バリン タンパク質を作る能力を高める、肝機能強化作用など
ロイシン タンパク質を作る能力を高める、肝機能強化作用など
イソロイシン タンパク質を作る能力を高める、肝機能強化作用など
メチオニン 抗脂肪肝作用、肝機能をサポート
フェルニアラニン 気持ちを落ち着かせる
トリプトファン セロトニン生産をサポート
ヒスチジン 副交感神経鎮静、貧血改善作用
リジン カルシウム吸収促進

アミノ酸についてより詳しく!

アミノ酸と美容

アミノ酸について人間のカラダにとって大切な成分です。

そして人間にとって必要なアミノ酸は20種類あり、体内で合成できる非必須アミノ酸と合成できない必須アミノ酸がある、というところまでおわかりいただけたかと思います。

この20種類のアミノ酸を摂ることでお肌のハリであったり、髪の毛を作ってくれるのです。

では、実際にアミノ酸はカラダに対してどのような効果・効能があるのでしょうか。

関連記事より、それぞれのアミノ酸の働きを説明していますので、ぜひご覧ください。