• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

お酒好きの方必見!ビタミンの一種であるナイアシンとは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、お酒を飲む方必見のナイアシンについて説明していこうと思います。

ナイアシンとは、ビタミンB3ともいわれ、お酒に含まれているアルコールを分解してくれる働きがあります。

また、ついつい飲みすぎてしまって二日酔いになったとしても和らいでくれる効果もあります。

さらにお酒好きの方のみならず、糖質、脂質、炭水化物の三大栄養素をエネルギーに変えるときや、魚や肉などに含まれるタンパク質が筋肉や皮膚などの細胞になるときにサポートしてくれる働きもあるのです。

そんなナイアシンはどのように摂取したら良いのでしょうか。

 

ナイアシンを含む食べ物とトリプトファン


ナイアシンは、鶏肉などの肉類やレバー、カツオ、たらこ、ブリなどからも摂ることができます。

また、コーヒーや紅茶にもナイアシンは多く含まれています。

ナイアシンは水溶性ビタミンに分類され、熱、光、アルカリなどには比較的強く、調理や保存方法でも壊れにくいビタミンといわれています。

しかし、熱湯にはとても溶けやすいので調理方法には工夫が必要です。

一方で、ナイアシンは食べ物から摂るだけでなく、体内でも必須アミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素から作ることもできます。

つまり、ナイアシンが摂れない場合には、アミノ酸のトリプトファンと摂ると良いのです。

 

ナイアシンが不足してしまうと


ナイアシンが不足してしまうとペラグラという皮膚炎にかかってしまうこともあります。

ペラグラの症状は、発疹ができてしまったり、口舌炎や下痢などの消化器官の症状であったり、神経障害を起こしてしまいます。

なので、適切にナイアシンを摂ることをおすすめします。

 

ナイアシンのまとめ


ナイアシンは、ビタミンB群の一種でアルコールを分解してくれる働きがあり、タンパク質が筋肉や皮膚の細胞になるためのサポートもしてくれる成分です。

他のビタミンと比較すると重要ではないビタミンかもしれませんが、不足してしまうとペラグラを引き起こしてしまうこともあるので意識的に摂ることをおすすめします。

他のビタミンについてはこちらで詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

【知ってトクする】美容に良いビタミンとは

【知ってトクする】ビタミンAの効果

【知ってトクする】免疫を高めるビタミンDとは

【知ってトクする】健康と美容の効果・効能があるビタミンEとは

【知ってトクする】丈夫な骨と血液を凝固の働きがあるビタミンKとは

【知ってトクする】ビタミンB1を含む食品とは

【知ってトクする】ビタミンB2を含む食べ物と効果・効能とは



トップに戻る