• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

三大栄養素の糖質とは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、三大栄養素のひとつである糖質について説明していきます。

三大栄養素はカラダを動かすために最も大切な栄養素であり、他の「タンパク質」や「脂質」も立派なエネルギー源になります。

三大栄養素に関してはこちらで詳しく説明していますので是非ご覧ください。

【知ってトクする】カラダに大切な三大栄養素とは

また、その他の三大栄養素である「タンパク質」「脂質」に関してはこちらで詳しく説明していますので、こちらもご覧ください。

【知ってトクする】三大栄養素のタンパク質とは

【知ってトクする】三大栄養素の脂質とは

 

糖質は重要なエネルギー源


糖質は、炭素、酸素、水素が結合した化合物で、体内で二酸化炭素と水に分解されます。

そしてエネルギーを発生させる、どんな栄養素よりも素早くエネルギーをつくるのが糖質なのです。

また、糖質は、炭水化物から消化吸収されない食物繊維を除いたものをいい、例えばご飯などをよく噛むと甘くなってくるのは糖質が含まれているからなのです。

糖質には、単糖類・小糖類・多糖類に分けられます。

 

糖質の単糖類


単糖類は一般的に甘味があり、水に良く溶けるのが特徴です。

代表的な単糖類はブドウ糖が挙げられます。

人間にとって大事な脳はこのブドウ糖をエネルギーとして機能しているので、ブドウ糖が不足してしまうと記憶力の低下であったり、脱力感を生じてしまいます。

 

糖質の小糖類


小糖類は、単糖が2〜10個結びついた糖質のことをいいます。

代表的な小糖類は、としてオリゴ糖や料理などに使用する砂糖、麦芽糖が小糖類になります。

 

糖質の多糖類


多糖類は、単糖が10個以上結びついた糖質のことをいいます。

代表的な多糖類は、穀類、芋類、豆類などの植物性食品に多く含まれるデンプンがあります。

この他には糖アルコール類や野菜や果物などの発酵食品にも含まれています。

先にも説明しましたが、糖質は素早くエネルギーに変わってくれますが、余った分は脂肪に変わって、肝臓や脂肪細胞に蓄えられてしまいます。

疲れの回復や頭の回転が良くなりますが、摂りすぎてしまうと肥満を招いてしまうので注意が必要です。

 

糖質制限ダイエットの危険性


近年、糖質オフや糖質0%などの商品が多く販売されています。

糖質制限のダイエットや炭水化物ダイエットなども流行っています。

しかし、糖質を制限してしまうと肝臓に貯めていた糖質を使うことになり、この糖質は水分にくっついているので、ダイエット開始時に体重は減るかもしれませんが、それは体内の水分量が減っているからなのです。

決して体脂肪が落ちているわけではないため、リバウンドを起こしてしまいます。

また、糖質の主な働きに脳のエネルギーがあります。

糖質を制限してしまうと、脳にエネルギーがいかなくなり、イライラしてしまいます。

さらに、適度に糖質を摂らなければ、タンパク質や脂質の量が増えたりして栄養バランスが崩れてしまい、食物繊維も不足すると便秘を起こしてしまいます。

過度に糖質を制限したり、全く糖質を摂らないでいるとさまざまな支障をきたすことにつながってしまいます。

なので適度な糖質を摂って、かつ他の栄養素もバランス良く摂ってダイエットをおこなうことが最適なのです。

 

糖質のまとめ


このように糖質は、他の三大栄養素より素早くエネルギーに変わることになり、疲労の回復などの働きがあるのです。

さらにブドウ糖のように脳のエネルギーにもなるので、脳にとってもカラダにとってもとても大切な栄養素なのです。

一方で、摂りすぎてしまうと脂肪に変わってしまうため注意が必要です。

適度な摂取量を心がけることで健康なカラダにしましょう。



トップに戻る