がごめ昆布ってなに?今から約120年前、札幌農学校の宮部金吾博士(植物学・海藻1860-1951年)は、調査研究で訪れた北海道渡島半島の東海岸で多くの真コンブやミツイシコンブに混じっているとても珍しいコンブを見つけました。  通常の食用コンブは真コンブに見られるように表面が平坦です。  しかし、このコンブは幅広の笹の葉形で長さが2mあり、その表面には凸凹の模様がくっきりと浮かび上がっていました。  凸凹の模様は龍門模様か海の波形を記録しているかの様に葉全体に刻まれていました。  そしてこのコンブは、他のどのコンブよりもネバネバ・ヌメヌメする特徴を持っていました。  宮部博士はこのコンブを北海道南部地域に特産するコンブの新種としました。  地元の漁師がもともとガゴメと読んでいたのでそのまま「ガゴメ」としました。  通常、真コンブが推進して5〜10mに生えるに対し、ガゴメは7〜25mに生息し、浅いところでは、混生しています。
他の昆布より多いフコイダンをもつ「北大がごめ」北海道大学水産科学研究院 研究院長/水産学部長 安井肇教授。産官学連携の海藻活用研究会の会長であり、 日本でも数少ない海藻学の権威である安井教授。がごめは、水温・光・栄養など成長に適した条件であればよく発達し、さらに多くのフコイダンを作る性質をもつことがわかってきました。  栽培することすら難しいがごめですが、北海道大学開発の「北大がごめ」は天然がごめよりも倍以上のフコイダンを含有していることが研究によって明らかになりました。がごめ昆布による美容。がごめ昆布に含まれる「がごめエキス」は、海藻の仲間である褐藻類から抽出精製される天然エキスです。多糖類でアミノ酸やアルギン酸、フコイダンを含有し、粘液質のカラギーナンも含みます。まさにオーガニックな肌に優しい海洋性原料です。【効果効能】 高保湿効果、シワ形成抑制効果、皮膚弾力性の低下抑制効果、表皮の肥厚抑制効果、抗炎症効果、深層保湿効果、血行促進、育毛促進、細胞修復機能、皮膚老化防止効果、シミ、シワ、ほうれい線、ニキビ、肌荒れ、ニキビ跡に対応。※効果、効能については、個人差があります ※合わない場合は、利用を中止し医師に相談してください。
北海道大学の研究によってがごめ昆布は美容にとってとても大切な成分が含まれていることが証明されました。そのことが日経新聞にも掲載されています。実際の北海道大学が栽培した「北大がごめ」のフコイダン含有量のグラフをみても他の昆布と比べても倍以上、フコイダンが含まれていることが証明されています。さらにがごめ昆布が入っているヘアケア商品をしようした結果、髪に潤いとはりを与えてくれることが証明されています。


北海道大学のがごめ昆布を使った美容品はこちら