• オープンラボ白金店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式


北海道大学で研究されたがごめ昆布

 
がごめ昆布

オープンラボをご覧いただきありがとうございます。

ここでは、北海道大学が長年研究した、美容に良いがごめ昆布について説明していきます。

 

がごめ昆布とは?


今から約120年前に札幌農学校(現在の北海道大学)の宮部金吾博士(植物学・海藻 1860-1951年)が、調査研究で訪れた北海道渡島半島の東海岸で多くの真昆布やミツイシ昆布に混じっているとても珍しい昆布を見つけました。

通常の食用昆布は真昆布に見られるように表面が平坦になっています。

しかし、この昆布は幅広の笹の葉形で長さが約2mあり、その表面には凹凸の模様がくっきりと浮かび上がっていました。

凹凸の模様は龍門模様か海の波形を記録しているかのように葉全体に刻まれていました。

そしてこの昆布は、他のどの昆布の種類よりもネバネバ・ヌメヌメする特徴を持っていました。

宮部博士は、この昆布を北海道南部地域の特産する昆布の新種としました。

地元の漁師がこの昆布をもともと「がごめ」と読んでいたのでそのまま「がごめ昆布」としました。

通常、真昆布が水深5〜7mに生えるのに対し、がごめ昆布は7〜25mに生息し、浅いところでは、混生しています。

 

北海道大学で研究された「がごめ昆布」

 
北海道大学のがごめ昆布について

北海道大学の研究によって、がごめ昆布は、水温・光・栄養など成長に適したあ条件であればよく発達し、さらに多くのフコイダンを作る性質を持つことがわかってきました。

さらに、栽培することすら難しいがごめ昆布ですが、北海道大学が開発した「北大がごめ」は天然のがごめ昆布よりも2倍以上のぬめり成分であるフコイダンを含有していることが明らかになりました。

 

健康維持や美容に良い北大がごめ


北大がごめに含まれる「がごめエキス」は、海藻の仲間である褐藻類から抽出精製される天然エキスになります。

多糖類でアミノ酸やアルギン酸、そして豊富なフコイダンを含有し、さらには粘液質のカラギーナンやラミナンも含まれています。

まさに、北大がごめはオーガニックでお肌に優しい海洋性原料になるのです。

がごめ昆布に含まれる栄養素は、美容や健康に良いとして現在注目されています。

 

北大がごめのチカラ


北大がごめは天然のがごめ昆布と比べて2倍以上のフコイダンが含まれていると説明しましたが、このフコイダンにはどのようなチカラがあるかご存知でしょうか。

フコイダンには、抗がん作用・免疫機能の向上作用・高血圧や高脂肪化抑制作用などがあるといわれています。

また、美容の面では、高保湿効果・シワ形成抑制効果・皮膚弾力性の低下抑制効果・表皮の肥厚抑制効果・抗炎症効果・深層保湿効果・血行促進・育毛促進・細胞修復機能に効果があるといわれています。

ただし、効果・効能については個人差があります。

 

がごめ昆布まとめ


北海道大学の研究から開発された北大がごめは、天然のがごめ昆布とは異なり、豊富な栄養素を持つことがわかりました。

そして、オープンラボではその北大がごめを使用した化粧品やスキンケアを販売しています。

ぜひご覧ください。
北海道大学がごめ昆布


北海道大学のがごめ昆布を使った美容品はこちら


トップページに戻る