• オープンラボドラッグ東京都白金高輪店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

ビタミンB1を含む食品とは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、ビタミンB群の中でも糖質の代謝や疲労回復に働くビタミンB1について説明していこうと思います。

また、ビタミンB1が含まれている食品も紹介していこうと思います。

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸の8種類のビタミンのことをいいます。

このビタミンB群は、人間が生きていくうえで欠かせないエネルギーを作るビタミンですが、1つのビタミンのみだとその効果が発揮しにくいといわれています。

なのでビタミンB1を摂る際は、他のビタミンB群も一緒に摂ることが良いとされています。

そんなビタミンB群の中でも先にも説明した糖質の代謝や疲労回復に働くB1はどんなビタミンなのでしょうか。

 

ビタミンB1とは


ビタミンB1の働きの一つに糖質の代謝があります。

つまり、糖質をエネルギーに変えるためにビタミンB1があります。

糖質をエネルギーに変えていかないと、脂肪に変わってしまうため、肥満体型になっていまします。

また、頭を使う時は糖質が必要なので、ビタミンB1が不足してしまうと脳疲労や集中力の低下を引き起こしてしまうこともあります。

ビタミンB1のもう一つの働きは、疲労回復です。

人間のカラダは、運動をすると乳酸という物質が溜まって疲れやカラダのだるさを感じてしまいますが、ビタミンB1を摂ることによって、その乳酸を分解してエネルギーに変える働きがあります。

 

ビタミンB1が多く含まれている食品とは

 

ビタミンB1が多く含まれている食品としては、豚肉があります。

その鶏肉の部位でいうとヒレが1番多く、ロース肉、バラ肉の順番になります。

また、うなぎの蒲焼にも多くのビタミンB1が含まれています。

日本人の主食は白米ですが、ほとんどの場合、精白米といわれるビタミンB1が豊富なヌカを取り除いたものを食べると思います。

ただ、ビタミンB1を意識的に取ろうと思うのであれば、玄米や麦ご飯などに変えることも良いと思います。

 

ビタミンB1が不足すると


ビタミンB1は糖質の代謝に関わると説明しましたが、ビタミンB1が不足してしまうと糖質がうまくエネルギーに変わらないために、ストレスやイライラを感じたり、食欲不振や疲れやすくなってしまいます。

また、ビタミンB1がさらに不足してしまうと脚気になることもあり、心臓の機能が低下して足がむくんでしまったり、神経に障害が起きて足が痺れたりしてしまいます。

これが重症になってしまうと、死に至ることもあるのです。

不規則な生活やインスタント食品や外食が増えてビタミンB1の不足による脚気になってしまうといった事例もあります。

ビタミンB1は体内にはほとんど貯蔵されないので、摂りすぎてカラダが悪くなるといったことはありません。

しかし、他のビタミンと同様にサプリメントなどで大量摂取を続けてしまうと、頭痛やイライラなどが出てくることもあるので注意が必要です。

 

甘党の方は意識的にビタミンB1を摂取しよう


これまで説明してきたようにビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあります。

デザートやお菓子、白米やパンが好きな方はビタミンB1を意識的に摂る必要があります。

なぜなら、これらの食品をたくさん食べると必然的にビタミンB1の必要量も多くなるからです。

こうなってしまうと、糖質をエネルギーに変える働きばかりにビタミンB1が使われ、疲労回復などの働きをする分がなくなってしまうことあるのです。

 

ビタミンB1を摂る方法


ビタミンB1を意識的に摂る方法としては、先ほど紹介したように玄米などに変えてみたり、豚肉を摂ることをおすすめします。

また、ビタミンB1は、水に溶けやすく、アルカリで分解される性質を持っているので、調理や加工時に煮汁などでビタミンB1の成分が溶け出すのでお味噌汁やスープにしたり、炒め物にするのがおすすめです。

油脂には、ビタミンB1の消費を節約する働きがあるので、油を使った料理もおすすめです。

さらに、ニンニクと一緒に調理するとビタミンB1の疲労回復作用が長持ちするといわれています。

豚肉のニンニク炒めや豚汁などがビタミンB1を効率よく摂るために良いかと思います。

 

ビタミンB1のまとめ


ビタミンB群は、人間のカラダのエネルギーになる大切な成分ですが、その中でもビタミンB1は糖質をエネルギーに変えたり、疲労回復などの働きがあります。

効率よくビタミンB1を摂る方法としては、玄米などに変えてみたり、豚肉などをとってみてはいかがでしょうか。

他のビタミンに関してはこちらで詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

【知ってトクする】美容に良いビタミンとは

【知ってトクする】ビタミンAの効果

【知ってトクする】免疫を高めるビタミンDとは

【知ってトクする】健康と美容の効果・効能があるビタミンEとは

【知ってトクする】丈夫な骨と血液の凝固の働きがあるビタミンKとは



トップに戻る