東大式ウォーキングとは?
 

アミノ酸ダイエットは「体脂肪が燃えやすい体を作る」がキーワードです。
 
BCAAなどのアミノ酸を補給しながら
運動をする

 
疲労感が少なく持久力が増す
 
より運動がしやすくなり筋肉量が増える
 
基礎代謝が上がる
 
消費エネルギーが増え太りにくくなる

というプロセスを踏むことで、
体脂肪が燃えやすい体が作られます。
 
ではどんな運動をすれば良いのでしょうか。
 

大きな反響を呼んだ
東大式ウォーキング

 
東京大学大学院前教授であり、
アミノ酸研究の第一人者である、
大谷勝先生が監修した

「東大式ウォーキング」は、
難しい動作がなく、
高齢者の方でも効率よく
基礎代謝を上げることができます。

また、体幹の筋肉の1つである大腹筋を
鍛えることができ、
腰とお腹のバランスが整い、
姿勢も良くなります。

「東大式ウォーキング」は
日本テレビ「世界一受けたい授業」でも
取り上げられ大きな反響を呼びました

 

東大式ウォーキングの方法


1、骨盤を大きく上下に動かす
2、その場で足踏みして確認
3、前後にひねりながら歩く

 

動画での解説はこちら↓

 

東大式ウォーキングの効果を
さらに高めるポイント


1、夕食後と寝る前に美容式を1袋ずつ飲む
2、朝食後と運動前に抹茶式を1袋ずつ飲む
3、東大式ウォーキングを食後20分程度を2回行う
4、朝食を必ず摂る(フルーツ系、無脂肪ヨーグルト)
5、夕食は油の多いものを避ける
6、就寝4時間前は食べない
 
あなたもアミノ酸と
東大式ウォーキングで
体脂肪が燃えやすい体を
作ってみませんか?