• 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式
 

アミノ酸で免疫力を高める

 
東大アミノ酸サプリメント体力式

冬になると風邪を引きやすい、季節が変わると体調が壊れやすい。

そのような方は、明らかに免疫力が低下していると考えられます。

免疫力とは、自分自身のカラダを守るための自己防衛システムのことをいいます。

例えば、細菌やウイルスなどの異物、また体内で発生した異常物質などを取り除き、カラダを正常に保とうとしてくれるのです。

生まれながらにして人間のカラダは、この免疫力が備わっています。

その度合いは人それぞれですが、健康な生活を送っていれば免疫力が保たれるところ、睡眠不足や疲労、栄養バランスの崩れやストレスなどによって、その度合いは低下してしまいます。

そして、風邪をひきやすくなったり、怪我をすれば細菌が繁殖して化膿したりすることになります。

この防衛システムにおいて活躍するのが免疫細胞です。

 

アミノ酸と免疫細胞


免疫細胞には、マクロファージの他、形質細胞があり、また白血球も数種類の免疫細胞が集まった免疫細胞の集合体ということができます。

そして異物が進入してきた場合には、この免疫細胞が直接異物に対して攻撃する場合と、免疫細胞から分泌される抗体が使われる場合があります。

抗体とは、病原菌など特定の抗原を無害化する働きがあるもので、たくさんの種類があります。

免疫細胞が盛んにつくられ、そして活発に働き、大量の抗体を分泌できれば、免疫力はグッと上がり、風邪や細菌性の疾患を予防したり、また怪我の治りを早めたりして、健康なカラダを維持することになります。

免疫細胞も細胞の一種として当然タンパク質、つまりアミノ酸で作られているので、免疫細胞をたくさんつくるためにも、またその働きを活性化するためにも、アミノ酸が必要ということになります。

特に必要なアミノ酸はグルタミンとアルギニン です。

グルタミンは、免疫細胞の増殖を促し、アルギニン は異物を攻撃するマクロファージを活性化する働きがあります。

つまり、摂取にはグルタミンとアルギニン を含むアミノ酸サプリメントを選ぶことは最低条件です。

もちろんこの2種類だけではなく、多くの種類のアミノ酸を摂取して、総合的にカラダの機能を高めることも大切ですが、免疫力を高めることを目的をしている場合には、グルタミンとアルギニン がより多く含まれているのを確認して購入することをおすすめします。

そして、そのアミノ酸の摂取は、グルタミンとアルギニン を含むアミノ酸量が2000ミリグラムずつ1日2回を目安として摂取することが良いとされています。

すこし体調が悪い、風邪を引きそうだと感じた時には、1日3回に増やせば、事前の予防につながるのです。

 

アミノ酸で免疫力を高める


このようにアミノ酸は、美容や筋肉トレーニングのみならず免疫力も高めてくれるといわれています。

風邪や病気になる前にアミノ酸で予防して、負けないカラダにすることをおすすめします。

※本文は、東京大学大学院前教授のドクターアミノ こと大谷勝先生の著書を参考に作成しています。



東大アミノ酸の美容式と抹茶式と体力式