• オープンラボ白金店
  • 東京大学アミノ酸美容ゼリー
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 東大アミノ酸サプリメント
  • 北海道大学のがごめ昆布
  • 血糖値抑制や抗酸化作用
  • シミ・シワ・たるみを予防するアミノ酸美容式
  • 活力とダイエットサポートのアミノ酸抹茶式

 

丈夫な骨と血液の凝固の働きがあるビタミンKとは


オープンラボをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は丈夫な骨と血液の凝固の働きがあるビタミンKについて説明していきたいと思います。

ビタミンKは、血液と骨に必要不可欠なビタミンといわれています。

出血をした時に血を止める働きがあり、つまり血液を凝固させて止血させるための因子を活性化させる働きがあるのです。

ビタミンKが不足して不足してしまうと出血が止まりにくくなったり、鼻血が出やすくなってしまいます。

また、骨のタンパク質を活性化させて、骨の材料となるカルシウムを取り込む働きがあります。

これも不足してしまうと、食べ物から吸収されたカルシウムが骨から血液に溶けてしまいます。

さらに、虫歯や骨折をしやすくなったり、骨粗鬆症になることもあるのでビタミンKの不足には注意が必要です。

 

ビタミンKの摂取について


ビタミンKは食品から摂取する他に、腸内細菌によっても合成されるので、極端に不足してしまう心配はほとんどありません。

しかし、ビタミンKは胎盤を通過しにくく、また母乳の含有量が少なく、乳児は腸内細菌が少ないため、ビタミンKが生成されにくいため、乳幼児にはビタミンKの経口投与がされています。

 

ビタミンKを含む食べ物


ビタミンKが含まれて含まれている食べ物は、モロヘイヤ、小松菜、ほうれん草などに多く含まれています。

他にも、昆布、ヒジキ、ワカメなどの海藻類や納豆などの発酵食品、肉や乳製品などにも含まれています。

ビタミンKはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEと同じく、脂溶性ビタミンなので油脂と一緒に摂ると良いとされています。

腸内細菌で合成されるので、腸内環境を整えて置くことも大切です。

食事から摂りすぎるということはありませんが、サプリメントなどでの摂りすぎは、貧血や血圧低下が起こることもあるので注意が必要です。

 

ビタミンKのまとめ


これまで説明してきたようにビタミンKは骨を丈夫にし、血液を凝固してくれる働きがあります。

それは人間にとってとても大切なビタミンであり、働きでもあるのです。

いつもまでも健康でいるためにもぜひビタミンKを摂ってみてはいかがでしょうか。

また、ビタミンについてはこちらで詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

【知ってトクする】美容に良いビタミンとは

【知ってトクする】ビタミンAの効果

【知ってトクする】免疫を高めるビタミンDとは

【知ってトクする】健康と美容の効果・効能があるビタミンEとは



トップに戻る